大手に転職!フリーで独立!エンジニアのキャリアアップ成功法とは

フリーランスが案件を探すには

フリーランスが案件を探すには

フリーエンジニアにとって、なんといっても最大の悩みは仕事の安定です。クライアントとの良好な信頼関係を築くまでには、時間が掛かるものですが、その信頼を失うのは一瞬で足りるという厳しい現実は、会社の後ろ盾を持つサラリーマンには想像のつかないものかもしれません。

知人の紹介

すでに業界の内外に知名度が高くフリーランスになると同時に仕事を獲得できる場合であればいざ知らず、そうでなければ地道に人脈を頼るのが一般的です。クライアントによっては、特に大手企業の場合にフリーランスと直接契約はしないという方針を明確に貫く例もあります。
しかし、これまでの会社勤めの間に仕事を通じて知り合った担当者などを通じて参加できるようなプロジェクトを紹介してもらえるよう声を掛けるのも営業です。ただし仕事とプライベートとの境界が曖昧になりがちであったり、適正な報酬を主張しにくいなど、後々トラブルになることもあるため注意が必要です。

「レバテックフリーランス」

一方フリーエンジニア向けに特化したエージェントである「レバテックフリーランス」では、「フォロワー」「企業担当」「テクニカルカウンセラー」という3部門それぞれにコーディネーターを配置して、フリーランスに対するきめ細やかな支援に努めています。

ITやWeb業界における長年の実績により、多くのクライアント企業からエンド直受けすることで、紹介案件は業界でもトップレベルの高単価を実現しています。
このサイトなら豊富な求人・案件情報を取り揃えています!
このサイトなら豊富な求人・案件情報を取り揃えています!

このような案件の中には、競争の激しい業界事情を反映して非公開となっているものも多いというのも特徴です。

「コンテンツパーク」

クラウドソーシングの「コンテンツパーク」では、9ジャンル70のカテゴリーに分かれる様々な仕事の中から、プロジェクト形式あるいはコンペ形式などに応じて、興味のある仕事を選ぶようになっています。
このサイトなら豊富な案件情報を取り揃えています!
このサイトなら豊富な案件情報を取り揃えています!

まとめ

最近ではインターネットの普及によって、オンライン上でフリーランス向けの案件を紹介するサービスも増えています。例えばクラウドソーシングはインターネット環境の整備によって実現した、アウトソーシングの新しい形として最近では多くの企業の注目を集めています。もっともオンライン上に公開されている案件は運営母体や経営方針にもよりますが、一般向けに幅広い職種を扱っていることもありフリーランスのエンジニアにとってあまり効率が良くない場合もあります。
そうであればフリーエンジニアに特化したエージェントに登録することによって、将来のキャリアアップを見据えながら、高単価の案件をスムーズに受注する仕組みを活用すると良いでしょう。

転職成功の核心に迫る

まずは自己分析から

まずは自己分析から 転職の成功には、自分自身を見つめることが必要です。これまで経験してきた職務や重ねてきた実績を、具体的に紙に書き出すことによって、キャリアの棚卸をしてみましょう。そして自分自身を客観的に知るためには、自己分析も大切です。感情に任せて自分を卑下したり持ち上げることのないよう冷静にこれまでの自分と今の自分、そしてこれからの自分というものを定期的に見つめ直しましょう。難しければ、転職サービスのキャリアカウンセリングなどを利用する手もあります。

3年勤務してからがベスト時期

3年勤務してからがベスト時期 会社勤めをして社会人生活にも慣れてくると、会社のために頑張れなかったり人間関係に嫌気が差すなど、職場環境への不満がいつしか転職のきっかけになるようです。しかし即戦力を求められるため、まずは社会人として3年以上の実務経験を積んでおかなければ転職は難しいでしょう。新卒時とは異なり中途採用の時期は企業によって様々ですが、3月末決算が多いことから下半期の10月を目指しつつ、7月か8月が狙い目かもしれません。

自己実現の手段として

自己実現の手段として 社会人としてのキャリアビジョンの実現には、幾通りも方法があるものです。今の職場ではどうしても不可能であれば、転職することです。ただし即戦力としての高い実力を求められるため、チャンスが訪れるまで下準備が必要かもしれません。もちろん今の職場で可能であれば、その具体的道筋を探しましょう。そしてキャリアビジョンの実現に向けて、どのような立場であれ学習することが大切です。更にフリーランスという選択肢もあります。

pagetop

Copyright © 2015 転職大作戦 All Rights Reserved.