大手に転職!フリーで独立!エンジニアのキャリアアップ成功法とは

転職先はネットで探そう

転職先はネットで探そう

"今や転職活動にもインターネットによる情報収集は欠かせません。しかし情報が溢れているということが、却って転職活動を妨げることにもなりかねないというのも事実です。特に今の職場で仕事をしながら転職活動を行う場合には、短時間に様々な情報に触れることができるオンライン上のサービスは重宝されます。
しかしその分行動に出るのが億劫になってしまうなど、モチベーションの維持が難しく転職活動が予想外に長引くという悪循環に陥る危険もあるのです。

情報収集は準備段階

ネット上には様々な転職サービスがありますが登録無料という場合も多く、そのためいくつも登録しておいて情報を収集するというのが一般的です。しかしこのネット上で得られる情報が多過ぎるために、画面を眺めるだけで満足してしまい、実際に応募書類を提出したり、面接に出掛けるといった行動に移るのが面倒になってしまいがちです。
そうでなくても新卒時の就職活動とは異なり、転職活動は孤独なものです。初めは意気込んであちこちに応募してみても、中々良い返事がもらえないと自分を否定されたように感じて、モチベーションも下がってしまいます。またあれこれと画面の上で情報を見比べているうちに、自分の中での優先順位が曖昧になってしまい、希望するような企業が見つからなくなることもあり得ます。
多すぎる選択肢というものは、却って選択する意欲そのものを削ぐ面もあり、従ってあまり頻繁に情報を検索しても逆効果になることもあるのです。

転職の成功には行動が必要

ヘッドハンティングという例もなくはないですが、転職を希望するのであれば自分から積極的に行動に出る必要があります。情報収集は飽くまで準備に過ぎないのであり、それを活かしてこそ転職に成功することができるのです。また転職活動とは、自分を商品として売り込む営業活動でもありますが、売り込むためには自分自身のスキルや知識を客観的に評価するだけではなく、募集企業側のニーズを的確に把握する必要もあります。
つまり相手を研究することによって、自分自身の売り込み方を変えることも場合によっては必要になるのです。しかしそれはネット上の情報だけでは中々うかがい知れない部分もあり、実際に会社に出向いて面接の場で肌で感じ取ることが大切です。

「VSN」

そこでネット上の情報を現実的にマッチングする橋渡しをする存在として、例えばITエンジニアの転職支援サービスを展開する「VSN」は、エンジニアの「キャリア形成」と「生活の安定・充実」に取り組んでいるのが特長です。

エンジニアの長期的なキャリアの形成を重視し、育成面でも最大限の支援をしており技術研修の他にもビジネススキルの向上を図る教育研修制度を整えています。
このサイトなら豊富な求人情報を取り揃えています!
このサイトなら豊富な求人情報を取り揃えています!

転職成功の核心に迫る

まずは自己分析から

まずは自己分析から 転職の成功には、自分自身を見つめることが必要です。これまで経験してきた職務や重ねてきた実績を、具体的に紙に書き出すことによって、キャリアの棚卸をしてみましょう。そして自分自身を客観的に知るためには、自己分析も大切です。感情に任せて自分を卑下したり持ち上げることのないよう冷静にこれまでの自分と今の自分、そしてこれからの自分というものを定期的に見つめ直しましょう。難しければ、転職サービスのキャリアカウンセリングなどを利用する手もあります。

3年勤務してからがベスト時期

3年勤務してからがベスト時期 会社勤めをして社会人生活にも慣れてくると、会社のために頑張れなかったり人間関係に嫌気が差すなど、職場環境への不満がいつしか転職のきっかけになるようです。しかし即戦力を求められるため、まずは社会人として3年以上の実務経験を積んでおかなければ転職は難しいでしょう。新卒時とは異なり中途採用の時期は企業によって様々ですが、3月末決算が多いことから下半期の10月を目指しつつ、7月か8月が狙い目かもしれません。

自己実現の手段として

自己実現の手段として 社会人としてのキャリアビジョンの実現には、幾通りも方法があるものです。今の職場ではどうしても不可能であれば、転職することです。ただし即戦力としての高い実力を求められるため、チャンスが訪れるまで下準備が必要かもしれません。もちろん今の職場で可能であれば、その具体的道筋を探しましょう。そしてキャリアビジョンの実現に向けて、どのような立場であれ学習することが大切です。更にフリーランスという選択肢もあります。

pagetop

Copyright © 2015 転職大作戦 All Rights Reserved.